ワールドカップサッカーbetで盛り上がるブックメーカーとtoto

ワールドカップ

totoは国内くじの代表格で、サッカーの試合を予想して当てる方法ですが、世界的にはブックメーカーの存在が強く、特にワールドカップ開催時には人気が高まります。
国内の試合が中心のtotoですが、海外サッカーも関連が強まり、国際的な存在として広まりつつあります。
しかし、ブックメーカーは世界中からbetされたり、サッカーの試合で外せない存在ですから、toto以上に知名度が高く、明らかな差があるのは実情です。

ワールドカップは盛り上がりが激しいスポーツで、世界から注目を集める一大イベントです。この様な開催試合は、betを行う対象の信頼性が重要で、歴史と実績があるブックメーカーが選ばれます。
イギリスに本拠地を置き、国内試合でもbetを募集したり、サッカーの盛り上がり支えています。
スポーツ競技の人気が高く、お金が動く欧州で盛んですから、ワールドカップでは膨大な資金が投入され、大きく経済を動かす期間になります。

規模の違いや異なる歴史、信頼性の点でも差異は大きく、かけられる金額も国内外で差が生まれます。
何よりも違うのは報酬で、当選した場合のリターンは、国内とは比べ物にならない程膨大ですし、夢の大きさが桁数となって現れます。

芝生

サッカーにbetするブックメーカーとtotoの国の違い

外国人大学生

サッカーの試合の結果を予想してbetする公営ギャンブルとしてブックメーカーとtotoは有名です。多くの人が当選金を目指してギャンブルを楽しみ、試合の結果に期待を膨らませています。海外ではブックメーカーが有名ですが日本ではtotoのほうが有名で国によって違いがあります。

ブックメーカーはサッカー以外でも様々なものを賭けの対象にしています。最初は競馬から始まりましたが、アメフトや野球、バスケットボール、その他にもメジャーなスポーツも賭けの対象とされています。クリスマスに雪が降るかなどという異色な賭けまであります。

ブックメーカー サッカー

一方で日本ではtotoが有名です。正式名称はスポーツ振興投票で一般的にサッカーくじと呼ばれています。文部科学省の指導監督のもと独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営、発売がされています。
サッカーくじはJリーグの試合のみが対象となっています。誰もが身近にスポーツに親しむことができる環境を整備やトップレベルの選手の国際的な競技力向上、国際的スポーツ活動への支援、スポーツ指導者の養成などのために導入されたくじです。インターネットで購入したりコンビニで購入したりできるので気軽に参加できます。

サッカーにbetするブックメーカーやtotoの安全性

書類を持つ男性

サッカー好きな人に限らず、サッカーをあまり知らなくても楽しむことができるのが、試合結果にbetするスポーツ賭博です。海外では英国公認のブックメーカー、国内ではtotoが合法的に行われています。しかし、スポーツ賭博というと、なんだかマイナスイメージを持ってしまう方も少なくありません。
もちろんギャンブルですので、なんでもかんでも適当に賭けていれば、負けが込んで損をしてしまう可能性は高くなるといえるでしょう。しかし、それはどのようなギャンブルでも避けられないことですし、株や投資信託、先物取引などでも適当に投資してると大損するのと同じことですので使う側の気持ち次第となります。

ただ損をして大きな借金を背負う確率を考えると、ブックメーカーやtotoでそのようなリスクを負う確率は低いといえます。なぜなら、ブックメーカーもtotoも一口100円から賭けることが出来るからです。日本にある他の公営ギャンブルの競馬や宝くじが一口200円や300円であることを考えると、安価にはじめることが出来るはずです。
またどちらも国が運営している合法的なギャンブルですので、ギャンブルにある悪いイメージとは程遠い安全性の高いギャンブルといえます。ただサッカーの試合を見るだけではなく、100円でもbetして試合を見るとより結果が気になって観戦が楽しいものとなることでしょう。

ゴール